2020年03月一覧

日曜美術館「真を写す眼 渡辺崋山」

2020年3月15日の日曜美術館は「真を写す眼 渡辺崋山」でした。江戸後期に生まれた崋山は日々のスケッチで観察眼を養い、西洋の技法も取り入れて「真」にせまる独自の画風を作りました。しかし絵を追求する生真面目な姿勢は晩年の悲劇にも繋がっていきます。

E. L. カニグズバーグ『ジョコンダ夫人の肖像』岩波書店,1975 (アート・美術館のおすすめ本)

「モナ・リザ」とは誰なのか。これについては様々な説があり、モデルの名前が判明してからも謎が残っています。この物語は謎に対するひとつの解答ですが、モデルとなる筈のジョコンダ夫人の登場で幕切れとなり、いま真実を知るのは「モナ・リザ」のみとなっています。

ジョン・ファーマン『これならわかるアートの歴史 洞窟壁画から現代美術まで』東京書籍,1997 (アート・美術館のおすすめ本)

芸術はいかにして芸術になったか…なんてことに思いをはせてみたくなります。近寄りがたい芸術を茶化し、現代アートをこき下ろし、最終的には「好きならそれで良し」と公平なところも見せつつ、西洋美術の流れをユーモアたっぷりにたどる本。