2020年02月一覧

新宿御苑の太白と関山 チェリー・イングラムゆかりの桜たち

3月なかばを過ぎると、お花見シーズンがやってきます。関東で見かける桜は殆どが染井吉野ですが、多くの種類を植えている施設は方々にあります。新宿御苑では日本で一度絶滅した後に英国人の桜研究家イングラム氏の尽力で里帰りした太白、そのイングラムに嫌われたものの日本では親しまれている関山など、およそ65種類の桜が長期にわたって楽しめます。

三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)について(現在休止中)

東京都丸の内にある三菱一号館美術館が提供する三菱一号館美術館サポーター制度(MSS)。サポーターになることで展覧会に何度でも入場できるほか、いろいろなサービスを受けられます。サポーターカードは2名用と1名用の2種類。年3回以上行くなら入会をおすすめします!

日曜美術館「ゴッホ 草木への祈り」

2020年2月23日の日曜美術館は、「ゴッホ 草木への祈り」でした。牧師の道を諦めて絵筆をとり、人々を救う絵を描こうとした画家は、やがて草や木を題材により偉大なものを語る絵を描くようになります。初期の「ジャガイモを食べる人々」から晩年の「糸杉」に到る10年の画業とそれを貫く思想を探ります。

江國香織『日のあたる白い壁』集英社文庫,2007 (アート・美術館のおすすめ本)

作家の江國香織さんが好きな絵画をとりあげて語るエッセイ集。画家バルテュスを訪ねた時のエピソードも収録されています。静かな語り口で紹介される作品の姿は、作品の素敵なことだけでなく江國さんが持っているごく私的な「絵の気分」まで伝えてくるようです。

三菱一号館美術館「開館10周年記念 画家が見たこども展」(6月9日より再開)

三菱一号館美術館では開館10周年を記念して、「画家が見たこども展」を開催します。(6月9日再開~6月21日)19世紀末パリの前衛芸術家たちが結成した「ナビ派」の作品から、こどもに関係した作品を展示。ミュージアムショップ・カフェではこどもの気持ちになって楽しめるグッズや大人用お子様ランチも。

エウヘーニオ・ドールス『プラド美術館の三時間』ドールス氏の願望?(アート・美術館のおすすめ本)

エウヘーニオ・ドールス『プラド美術館の三時間』は、作者が友人を相手にプラド美術館で絵画を語るという、変わった形式で進行する美術館案内であり絵画論です。2020年4月公開の映画と併せて読んでみるのも楽しいかもしれません。